アイディアを取り入れた手提げ袋で宣伝効果アップ

女性

イベントで利用

看板

看板の軽量化が進んでいる

立て看板は、イベントやキャンペーンに利用されることが多くなり、臨時の掲示物として活用されるようになりました。また、イベントでは数が多く必要なため、軽量化が進んでいます。トラック等を必要とせず、持ち運びに便利で、女性でも簡単に設置できるものが主流となりました。デザインも決まったものの中から、選べば納期は短くなります。またオリジナル物は少し時間がかかりますが、会社のロゴ等を立て看板に取り付けることも簡単で、それぞれに対応可能となっています。

用途に合わせた立て看板

立て看板は、主にイベント等で利用されることが多く、スピードが勝負となります。よって利用前にしっかり納期を確認する必要があります。また造りについても事前に打ち合わせをしておくと間違えがありません。立て看板は、野外対応のものと、室内専用の物があります。室内用の物はメッシュ加工等、非常に軽量ではありますが耐久性がありません。よって、どこに設置するのかも事前に考えてオーダーしなくてはなりません。一方、野外用の物は耐久性がありますが、かなり重量が発生します。複数の立て看板を設置する場合、移動手段を確保しておくことも大切です。枚数が増えると人の手で運ぶのは困難です。トラックを手配し、人員も確保しなければなりません。